UGGの手入れ方法

UGGの手入れ方法は、シンプルなんだけれども、手順をしっかりと守ることでより美しく、ムートンの状態をキープすることが可能です。UGGを新品で購入したときと、すでに履きこんでいるUGGブーツを手入れする方法は、若干、手順が異なります。新品で購入した時には、最初に軽く防水スプレーやクリームを表面に吹きかけるだけでOKです。これで、外気にただよう粉塵や雨水などからUGGをしっかりと保護してくれます。最初に防水をしておくか、しないかで、その後のブーツのコンデショニングに大きな影響がでてきます。ちょっとした手間で、末永く綺麗なブーツを履きこなすことができるので、やらないと損ですよね。

さて、すでに履きこんでいるUGGブーツの手入れ方法はどうしたらよいのでしょうか?ムートンブーツの表面は、とっても柔らかくて、汚れも栄養分も、すぐに吸収してしまうスポンジのような性質をもっています。まずは、ブラシで軽く、表面をブラッシングするようにしてください。その際、注意したいのは、あまり力を入れすぎないことと。力を入れてブラッシングしてしまうと、ブラシの毛が、表面に付着している粉塵をブーツ内部に押し込んでしまうからです。粉塵を軽く払い落とすようなイメージでブラッシングするのが良いでしょう。

次のステップでは、UGGに栄養分を与えるクリームを満遍なく与えていきます。綺麗な布地を用意して、均等にクリームをブーツ表面に与えていきますが、できる限り、薄ーく伸ばすようにクリームをついてお手入れしてあげてください。ついつい、クリームをつけ過ぎてしまうケースがありますが、大量につけてもより綺麗になるということはありません。

最終ステップでは、新品で購入した時と同様に防水クリームやスプレーを吹きかけて、周流です。ソールと本体との縫い目部分に汚れがたまりやすいので、履き終わったら、都度、ブラッシングすると、より綺麗な状態をキープすることができます。直射日光はNGですので、日陰の涼しい場所がベスト。カビなどが生えやすい湿度の高い場所はできる限りさけて、通気の良いところで保管するようにしてくださいね。


コメントは停止中です。

ページトップへ