UGG ブーツは雨に弱い?

UGGのブーツは、天然の羊毛を使われているので、他の本皮と同様に、雨による水シミがつきやすい素材になっています。表面の素材は、とてもソフトなので、路面付近をただよっているチリやホコリなどを吸収しやすいです。水や汚れが付着すると、それが、UGGのブーツ表面から内部にまで染み付いてしまい、容易に汚れを除去することができません。

雨が降っている日には、UGGのブーツを履くのを避けるというのも一つの選択肢ですが、降雪地帯で足を保温するためにムートンブーツを履いている人にとっては、そんな選択肢はありえないと思います。で、本革ブーツの雨や水対策として、必須といわれているのが防水スプレー。手入れの際の最終仕上げに時には、かならず、防水スプレーを表面にまんべんなくスプレーしてあげることで、シミがつきにくい状態にすることができます。

仮に、水シミが付いてしまったら、履き終わった後の手入れがとっても重要となってきます。まずは、水に浸した後、軽く絞った布(新品の雑巾などがベスト)を容易します。そして、その布を、UGGのブーツ全体を覆うように上から多いかぶせます。このように、ブーツ全体に水を軽くしみこませることによって、部分的に水シミが付いてしまうリスクを下げます。

よく勘違いされている話として、シープスキンの本革自体が、水によるダメージを受けやすいという話があります。これは、正確に言うと正しい情報ではありません。なぜなら、ムートンブーツのクリーニングには、水を使って専用洗剤を使用して綺麗にすしていますし、ビジネスマンが使用している本皮ビジネスシューズも同様のクリーニングを行っています。逆にいうと、本皮は適度に水分をあたえてあげたほうが、表面のツヤが増すという効果があるぐらいです。(ムートンの場合は、ハリが増すという効果があるようです)

ただ、部分的に水がしみこんでしまうのが、シミの原因となってしまっているというだけなのす。なので、ブーツを全体的に水に馴染ませてしまい、あとは陰干しするのが、ベストな選択といえるでしょう。


コメントは停止中です。

ページトップへ