UGG キッズ サイズ入荷について

UGG キッズ サイズは、通常、日本のサイズ表記で13.5センチから22.5センチまで入荷しているショップが多いです。かなりサイズにバリエーションがあるので、大人の女子でも、足が小さい人だったら、キッズ用サイズの方がジャストで履けるということもよくあります。価格は、大人サイズとキッズサイズとの間では、大きな差はありません。若干、キッズの方が安いかも・・・といった感じ。

子供にUGGを履かせてあげるのは、ちょっと贅沢だなぁと思うのは筆者だけでしょうか(笑)本物シープスキンを小さい頃から履かせてもらえるキッズが羨ましい!雪国などで、スノーブーツの代用品として、元気なキッズ達に履かせてあげるママが多いようです。子供達は、活発に走り回ったり、ゲームしたりするので、重たいブーツよりも、より軽いUGGのムートンブーツが好まれるのでしょう。

UGGじゃなくても、安い大量生産されているムートンブーツでもOKだとは思いますが、問題なのはボアですよね。化学繊維のボアは、ちょっと動いて汗をかくと、臭いがしみついてしまいます。少しの間だけ履くんだったら問題無いとは思うのですが・・・。

キッズのコーディネートとして、おすすめなのは、人気のブランド、ジェニーと上手に合わせることですね。色使いや、デザインが、大人顔負けのジェニーは、ママの間でも上々の評判。一緒に連れて歩いて、カフェやお買いものを楽しむ時には、やっぱり子供にもかわいい格好をさせてあげたいもの。実際、セレブなママたちは、自分自身のコスメやファッションは当然のように、力を入れていて、子供達にたいしても、まるで自分のファッションのように、センスのよい着こなしをさせてあげてます。親子で街をあるいている様子は、本当に絵になりますよね。

親子でファッションを楽しめのが、ママのセンスの見せどころ。ダイエットにも気を配って、しっかりと体型維持に努めたいですね。筆者が実践しているのは、ロングブレス。体重は減りませんが、確実に、お腹は凹みます。なので、着用できなくなってしまった、ピッタリフィットするTシャツを復活させることに成功しました!


コメントは停止中です。

ページトップへ