UGG ブーツ 関税

UGG ブーツの関税は、運に左右されるという話がありますが、実際に、その通りだと思います。せっかく、個人輸入で安くUGGのブーツを購入できたとおもったら、関税に1万円ほど支払わないといけなくなってしまい、残念だ・・。という話をよく聞きます。前もって、事前に支払うべき金額を確定させてくれていれば、計算できるのですが、購入後に、税関が、計算して、関税の支払い通知を送付してくるので、個人で買い物を楽しんでいる人は、とっても戸惑ってしまいます。

というのも、個人輸入でなく、平行輸入ショップで、格安のUGGのブーツを購入するという選択肢があるからです。個人輸入しないと手にはいらないような、UGGと他ブランドのコラボモデルのような地域限定品の場合は別として、どの地域でも手にいれることができる定番モデルであるクラシックミニや、クラシックトールの場合は、事前に計算することが困難な、関税に戦々恐々しながら個人輸入するよりも、すでに日本に入荷済みの平行輸入ショップから購入するという選択をとった方が、より安心した買い物を楽しめるという意見もあります。

輸入代行で有名なBUYMAでは、送料込みで価格が表示されていてるのですが、やはり関税は別に加算されます。バイヤーさんが仕入れている海外小売価格に対して60%もの金額が加算されてしまうので、決して、安易に考えてしまうべきものではありませんね。

円高の状況がキープさてている現状では、個人輸入が活性化されてくるのは、必然の流れといえます。もう少し、小ロットの個人輸入の関税に関しては、できれば免除して欲しいものですねぇ。


コメントは停止中です。

ページトップへ