UGG ブーツ 2012年の入荷

UGG ブーツ 2012年の入荷は、円高の影響を受けて、本物がよりお買い得価格で購入できるようになりました。偽物に関しては、相変わらず、少量が出回っているという状況ですが、2010年から2011年にかけてのUGGコピー品が大流出した時に比べると、だいぶ市場が落ち着きを取り戻した感じです。業者にとって、偽物を取り扱うのは、ハイリスク・ハイリターンからハイリスク・ローリターンという認識に変わっていったのでしょう。yahooやamazon、楽天などの大型ショッピングモールに出店して、偽物のUGGを取り扱えば大きなリターンを得るということが分かっていても、偽物だという口コミが目立つようになると、自然に淘汰されていてしまい、出店費用などのコストを取り戻すことができないからです。

やっぱり、正攻法で、本物UGGをきちんと販売しているショップは、息が長いですよね。1年や2年で閉店してしまうようなショップは、偽物を取り扱っているか、UGGに対しての愛情がないような気がします。店長さんやスタッフさんが、UGGのブーツが大好きで、何足も持っているというショップに信頼が集まるというのは、当然の流れでしょう。

2012年のUGGの人気ブーツは、昨年と同様にクラシックミニのブラックとチェスナットに集中しそうです。すでにこの2色に販売を絞っているショップもあります。ブーツは、バッグことなり、足のサイズによっては、在庫がすぐに無くなってしまうので、欲しいと思ったらなるべく早めに注文するのがおすすめ。

UGGのコーディネートとしては、大人カラーのバーガンディー色のワンピースとあわせると、2012年のトレンドっぽいスタイルに落ち着きます。ブラック色かチェスナット色のどちらか好みの色を合あわせるとナチュラルスタイルに。O脚の子でも、クラシックミニぐらいの丈のブーツだったら、O脚が目立つことなく、より綺麗な足のシルエットを演出できます。O脚の子は、短いブーツか、ニーハイブーツのように長いブーツのどちらか一方を選ぶと、綺麗にブーツを履きこなすことができますよ。


コメントは停止中です。

ページトップへ