UGG ムートンサンダル

UGGのムートンサンダルは、普通のビーチサンダルと比較するのが申し訳ないぐらいに履き心地がよく、リッチでゴージャスな雰囲気を楽しむことができます。足裏との接地面に、贅沢にムートンが使われているので、ビーチサンダルが苦手な子でもOKでしょう。

プールや海水浴に行ったときに、すぐに実感できるのは、足裏にまとわりついた水分を、すぐに吸収してくれて、乾燥させてくれる機能性でしょう。海やプール遊びは楽しいですが、水でビシャビシャに塗れている状態でゴム製のサンダルを履くのは、どうしても不愉快な気分になってしまいますよね。

水で濡れているので、歩くたびに、「キュッキュッ」という音がでるのも気になる子が多いです。

UGGのムートンサンダルは、そうした不愉快な感覚が、一切無くなること間違ありませんね。ソフトなムートンな肌触りを楽しみながら、自然に足裏をサラサラにしてくれます。もともと、UGGは、サーファーが海からあがって、砂浜で休憩するときに体温を下げないように足先を保温する目的で作られた経緯があります。

当然ですが、海から上がった身体は、海水でビショビショ。ですが、サーフィンの合間の小休憩のですと、シャワーを浴びる手間を省くために、軽くタオルで上半身を保温するぐらいしか手立てがありませんでした。しかし、海水にも真水にも強い強いUGGのムートンブーツが販売されてからは、サーファーはしっかりとムートンで脚を保護することができるようになったという逸話があります。

このような歴史のなかで、UGGのムートンにこだわる理由がよく分かりますよね。天然素材の良いところは、履きこむほどに、自分の足に馴染んでくる感覚がよくわかりますし、自然とリラックスして落ち着くことができます。

ムートンサンダルは、海外旅行などのレジャーで使用するのが最もおすすめですが、普段使いしても良いでしょう。真夏のシーズンはもちろんですが、春先や、秋冬といったシーズンでも、カジュアルに履きこなすことができます。ゴム製のサンダルだと、シーズンが過ぎてしまうともう履けなくなってしまいますが、ムートンサンダルは、本革のトングサンダルの感覚で履きこなすことができるのが嬉しいですね。

ページトップへ